シンケンジャー 6話 感想

  • 2009/03/26(木) 00:10:19

今はディケイドよりこっちが面白いなぁ〜。

話が深い。
戦隊物の常として一応一話完結の作りなんだけど、
成長の課題が提示されるから、キャラクター的には物語はこれからなんだよな。
これまでは…
・千明:未熟な自分を鍛える。目標は丈瑠。
・殿:信頼できる(対等な)仲間を得る。
で今回は、
・ことは:自己肯定。
だったりする。
こう見ると本当に千明のポジションは典型的な熱血主人公なんだな。

ことはに耐性があったのは、自分に価値を見出せないため。
価値が無いから悪口にも耐えられるだよ。
その上、まだ若いから精神的に耐えられる限度を知らない。
だから、本当に限界まで我慢してるんだろうな。
大人になればある程度で逃げる(対処する)事を憶えるんだけど、
持ち前の素直さが邪魔してる部分もあるよね。
この辺は、今後の仲間達との成長で憶えていくんだろうな〜。

次回は、今回で散々弱点を突かれた流ノ介の番だ。
(マザコンがバレた時、茉子が本当に嬉しそうだったよ:笑)
新秘伝ディスクも出るから次回も楽しみ。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

「シンケンジャー」ブログ集まれ!03/23~03/29

◆「シンケンジャー」ブログ集まれ!03/23~03/29 TBしつれいします^^良かったら遊びにきてね!

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する